• 本

やっぱり食いしん坊な歳時記

出版社名 集英社
出版年月 2018年8月
ISBNコード 978-4-08-786104-4
4-08-786104-X
税込価格 1,540円
頁数・縦 207P 19cm

商品内容

要旨

脳までも動員して貪欲に味わうのが本当の食いしん坊。食通で知られる俳優が忘れがたい味の記憶を綴る。

目次

流氷とオホーツク海の毛ガニ
梅雨が近づいて苺を思い出す
五感で楽しむハモ
「とりあえず枝豆!」
山ぶどうでワインを造る!
松茸の記憶
鯖は「魚の王様」
「鍋」は日本の国民食
おせちとお雑煮とお正月
知的好奇心をくすぐる鰤〔ほか〕

出版社・メーカーコメント

"旬のものを現地で味わい、うんちくツマミにもう一杯。食通で知られる俳優が、忘れがたい味の記憶を4年がかりで綴ったエッセイ集。「オホーツク海の毛ガニの旬は、夏ではなく春」「食い意地が張っていると、歳をとらない」元祖クイズ王らしい名言を交えつつ、カニ、枝豆、みかん、秋刀魚、鰻など、四季折々の48食材を深く掘り下げる。「箸休めクイズ」「四季の食材INDEX」など、知的おまけつき!<もくじ>1/流氷とオホーツク海の毛ガニ2/梅雨が近づいて苺を思い出す3/五感で楽しむハモ4/「とりあえず枝豆!」5/山ぶどうでワインを造る!6/松茸の記憶7/鯖は「魚の王様」8/「鍋」は日本の国民食9/おせちとお雑煮とお正月10/知的好奇心をくすぐる鰤11/筍と竹の秋12/蛤は日本の春の味13/未年の春には14/じゃがいもは奥が深い15/「魚へん」に「占う」と書く魚16/一富士二鷹三茄子……17/実に厄介で本当に美味しい鮭18/新米の季節に思う19/晩秋の土佐で食したい「戻り鰹」20/みかんは家族の団欒そのもの21/豆腐に宿る職人の勘22/生牡蠣とカキフライ23/甘みたっぷりの新玉ねぎ24/それでも鯛は高級魚25/八十八夜も近づいて26/トマトは世界を席巻する27/鰻の美味しい季節はいつ?28/玉蜀黍と書いてトウモロコシ29/秋は秋刀魚の味から30/世界に広がる“カーキ""の味31/大根は食卓の千両役者32/世界中で愛される鱈を考える33/寒い冬には白菜入りの鍋を34/甲乙つけ難い海老の美味しさ35/玉子の旬はいつ?36/アスパラガスは春のエネルギー37/鯵は偉大な大衆魚38/梅雨時は梅の実りの季節39/不遇の夏野菜、きゅうり40/今では鰯も高級魚41/実りの季節はサツマイモ42/りんごはノスタルジック43/人参を食べたい!44/鮪はやっぱり魅力的45/最も好きな野菜は……46/河豚は高貴な味わい47/千切りだけでないキャベツ48/無限に広がるイカの世界"

著者紹介

辰巳 琢郎 (タツミ タクロウ)  
1958年生まれ。俳優。京都大学文学部在学中、『劇団そとばこまち』を主宰し、プロデューサー、演出家として80年代前半の学生演劇ブームの立役者となる。卒業と同時にNHK朝の連続テレビ小説『ロマンス』で全国デビュー後、ドラマや舞台に多数出演。大阪市出身(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)