• 本

歌丸不死鳥ひとり語り

中公文庫 か87−1

出版社名 中央公論新社
出版年月 2018年8月
ISBNコード 978-4-12-206622-9
4-12-206622-0
税込価格 864円
頁数・縦 237P 16cm

商品内容

要旨

噺を残すのは、噺家の使命。あたしたちの代で噺の数を減らしたら先人に申し訳ない―。小学四年生で噺家になると決心、「笑点」出演で一躍人気者になるとともに、古典落語の掘り起こしに取り組み続けた生涯をたどる、粋なひとり語り。持ちネタの舞台裏を語る「あたしのネタ帳」と口演速記『ねずみ』も収録。

目次

序章 不変の落語道
第1章 無垢の前座道
第2章 不屈の「二ツ目」道
第3章 無敵の「笑点」道
特別公開 あたしのネタ帳
第4章 不動の真打道
第5章 無欲の会長道
付録 口演速記『ねずみ』

おすすめコメント

貧乏だけど志はあった青春時代から噺の面白さを世に伝える現在まで、粋なひとり語りが一冊に。多彩な芸談義「あたしのネタ帳」と口演速記『ねずみ』も収録

著者紹介

桂 歌丸 (カツラ ウタマル)  
1936年、横浜市生まれ。本名・椎名巌。51年、五代目古今亭今軸に入門。のち四代目桂米丸門下に移り、68年に真打昇進。「笑点」(日本テレビ系)には66年のスタート時から出演、番組五〇周年を機に卒業し、終身名誉司会者となる。2005年に芸術選奨文部科学大臣賞、07年に旭日小綬章、16年に文部科学大臣表彰。落語芸術協会会長、横浜にぎわい座館長などを務めた。2018年7月逝去
長井 好弘 (ナガイ ヨシヒロ)  
1955年、東京・江東区生まれ。読売新聞編集委員。都民寄席実行委員長。浅草芸能大賞専門審査員。「よみうり時事川柳」五代目選者(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)