• 本

懲戒処分−適正な対応と実務−

第2版

労政時報選書

出版社名 労務行政
出版年月 2018年8月
ISBNコード 978-4-8452-8321-7
4-8452-8321-2
税込価格 4,235円
頁数・縦 261P 21cm
シリーズ名 懲戒処分適正な対応と実務

商品内容

目次

第1章 懲戒の種類・基本的考え方と実務上のポイント(懲戒処分とは
懲戒処分の有効性 ほか)
第2章 労働判例に見る懲戒の有効・無効の分岐点(懲戒処分の基本的な考え方
懲戒権行使の限界 ほか)
第3章 懲戒制度の最新実態調査(最近5年間における懲戒制度の変更状況
懲戒段階・種類の設定状況、事由の定め方 ほか)
第4章 懲戒処分にまつわる実務Q&A(痴漢を理由に懲戒処分を受けた後、再犯した社員の処分は?
メールを私的利用している社員の処分は? ほか)
第5章 懲戒に関するモデル規程・書式例(懲戒規程
ハラスメント防止に関する規程 ほか)

著者紹介

石井 妙子 (イシイ タエコ)  
弁護士(太田・石井法律事務所)。早稲田大学卒業。86年第一東京弁護士会登録。経営法曹会議常任幹事。企業の人事・労務管理の相談・訴訟対応が専門
西濱 康行 (ニシハマ ヤスユキ)  
弁護士(太田・石井法律事務所)。神戸大学法学部卒業。2006年10月弁護士登録(第一東京弁護士会)。第一東京弁護士会労働法制委員会委員。経営法曹会議会員。専門は人事労務を中心とした企業法務
石井 拓士 (イシイ タクジ)  
弁護士(太田・石井法律事務所)。2006年早稲田大学法学部卒業、08年慶應義塾大学大学院法務研究科修了、09年弁護士登録。経営法曹会議会員。第一東京弁護士会労働法制委員会委員。主な取り扱い分野は、人事労務を中心とした企業法務(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)