• 本

影の守護者

講談社文庫 と55−11 警視庁犯罪被害者支援課 5

出版社名 講談社
出版年月 2018年8月
ISBNコード 978-4-06-512535-9
4-06-512535-9
税込価格 907円
頁数・縦 456P 15cm

商品内容

要旨

北多摩団地交番で警察官が射殺された。被害者は益田護。支援課にも出動要請が掛かる。遺族に面会する村野だが、その息子・智樹は捜査一課の刑事だった。さらに事件に使われた拳銃が五年前の交番襲撃事件で奪われたものだと判明する。自らの手で犯人逮捕をと息巻く智樹に、村野は二人だけの秘密捜査を提案する。

おすすめコメント

警官射殺事件発生。捜査一課の刑事でもある被害者の息子は捜査を申し出るが。浮かび上がる隠蔽された過去。男たちが守るものとは。

出版社・メーカーコメント

警視庁犯罪被害者支援課――犯罪被害者の家族などの心の支援を行うセクション。北多摩で起きた交番襲撃事件。被害者は定年を間近にした益田警部補、銃による射殺だった。被害者遺族のケアのために現地に向かう村野たち支援課員だが、益田警部補の息子・智樹は捜査一課の刑事でもあった。事件の捜査に参加したいと主張する智樹だが、冷静さを失っている彼を捜査一課は担当から外す。遺族として、ひとりの警察官として智樹と接する村野。やがて捜査は進み益田警部補を撃った銃が、五年前に起きた交番襲撃事件で奪われたものだと判明する……。五年前の事件と今回の事件、その時間の中に秘匿されたものとは――。息もつかせぬスピードと目まぐるしく展開するストーリー。警察小説の名手・堂場瞬一の真骨頂! 累計60万部突破の文庫書き下ろしシリーズ第五弾。

著者紹介

堂場 瞬一 (ドウバ シュンイチ)  
1963年茨城県生まれ。2000年『8年』で第13回小説すばる新人賞受賞。警察小説、スポーツ小説などさまざまな題材の小説を発表している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)