• 本

黙ってられるか

新潮新書 776

出版社名 新潮社
出版年月 2018年8月
ISBNコード 978-4-10-610776-4
4-10-610776-7
税込価格 814円
頁数・縦 206P 18cm

商品内容

要旨

「Jリーグ」を誕生させ、日本をサッカーW杯常連国にまで押し上げた。“チェアマン”“キャプテン”として、時には“独裁者”と呼ばれながらも、改革を推し進めてきた。八十歳を超えてなお多くのスポーツ関係者から相談を受け、建て直しを乞われる著者が指導者論、組織論、メディア論、そして日本サッカーへの本音を隠すことなく語り尽くす。かつて「犬猿の仲」とされた渡邉恒雄・読売新聞グループ主筆との特別対談も収録。

目次

人材は、なかなかいない
自分の価値を見極める
マスコミの価値を知る
何もしないセルフプロデュース術
指導者でチームは変わる
サッカー界の人材
日本におけるスポーツ
引き際の美学
特別対談 渡邉恒雄vs.川淵三郎―一度きちんと話してみたかった

著者紹介

川淵 三郎 (カワブチ サブロウ)  
1936(昭和11)年大阪府生まれ。早稲田大学在学時にサッカー日本代表に選出。64年東京五輪に出場。日本代表監督などを経て、91年Jリーグ初代チェアマン、2002年日本サッカー協会会長に就任。現在は同協会相談役、日本トップリーグ連携機構会長など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)