• 本

甲子園という病

新潮新書 779

出版社名 新潮社
出版年月 2018年8月
ISBNコード 978-4-10-610779-5
4-10-610779-1
税込価格 778円
頁数・縦 188P 18cm

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

商品内容

要旨

甲子園はいつもドラマに事欠かないが、背後の「不都合な真実」に光が当たることは少ない。本来高校野球は「部活」であり「教育の一環」である。勝利至上主義の指導者が、絶対服従を要求して「考えない選手」を量産したり、肩や肘を壊してもエースに投げさせたりするシステムは根本的に間違っている。監督・選手に徹底取材。甲子園の魅力と魔力を知り尽くしたジャーナリストによる「甲子園改革」の提言。

目次

第1章 玉砕球児が消えない理由
第2章 “大谷二世”を故障させた指揮官の反際
第3章 松坂大輔と黒田博樹から考える“早熟化”
第4章 メディアが潰した「スーパー一年生」
第5章 プロ・アマ規定で置き去りにされた指導の在り方
第6章 日本高野連にプレーヤーズ・ファーストの理念はあるのか
第7章 「楽しさ」を取り戻せ
第8章 甲子園出場を果たした「日本一の工業高校」
第9章 偏差値70超えのスーパースターが誕生する日
第10章 高校球児の「模範的態度」と「個性」

著者紹介

氏原 英明 (ウジハラ ヒデアキ)  
1977(昭和52)年ブラジル・サンパウロ生まれ。スポーツジャーナリスト。奈良新聞記者を経て独立。プロからアマチュアまで、野球界を幅広く取材し続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)