• 本

「いじめ」をめぐる物語

朝日文庫 え10−3

出版社名 朝日新聞出版
出版年月 2018年8月
ISBNコード 978-4-02-264895-2
4-02-264895-3
税込価格 756円
頁数・縦 326P 15cm

商品内容

要旨

いじめを受けた側、いじめた側、その友だち、家族、教師…「いじめ」には、さまざまな“当事者”たちがいる。7人の人気作家が「いじめ」をめぐる人々の心模様と、ときにやさしく、ときに辛辣な視点で深く迫った物語を競作。胸の奥に、しずかに波紋を投げかける短編集。

おすすめコメント

いじめを受けた側、いじめた側、その友だち、家族、教師……。 「いじめ」には、さまざまな?当事者”たちがいる。7人の人気作家が「いじめ」をめぐる人々の心模様を競作。胸の奥にしずかに波紋をなげかける、文庫オリジナルアンソロジー。

著者紹介

江國 香織 (エクニ カオリ)  
1964年、東京生まれ。短大国文科卒業後、アメリカに一年留学。87年「草之丞の話」で「小さな童話」大賞、89年「409ラドクリフ」でフェミナ賞、92年『きらきらひかる』で紫式部文学賞、2002年『泳ぐのに、安全でも適切でもありません』で山本周五郎賞、04年『号泣する準備はできていた』で直木賞、10年『真昼なのに昏い部屋』で中央公論文芸賞、12年「犬とハモニカ」で川端康成文学賞、『ヤモリ、カエル、シジミチョウ』で谷崎潤一郎賞受賞
荻原 浩 (オギワラ ヒロシ)  
1956年、埼玉県生まれ。成城大学経済学部卒業。広告制作会社、コピーライターを経て、97年『オロロ畑でつかまえて』で小説すばる新人賞を受賞し、デビュー。2005年『明日の記憶』で山本周五郎賞、14年『二千七百の夏と冬』で山田風太郎賞、16年『海の見える理髪店』で直木賞を受賞
小田 雅久仁 (オダ マサクニ)  
1974年、宮城県生まれ。関西大学法学部卒業。2009年『増大派に告ぐ』で日本ファンタジーノベル大賞を受賞し、デビュー。13年『本にだって雄と雌があります』でTwitter文学賞国内部門第一位
角田 光代 (カクタ ミツヨ)  
1967年、神奈川県生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。90年『幸福な遊戯』で海燕新人文学賞を受賞してデビュー。96年『まどろむ夜のUFO』で野間文芸新人賞、98年『ぼくはきみのおにいさん』で坪田譲治文学賞、2000年『キッドナップ・ツアー』で路傍の石文学賞、05年『対岸の彼女』で直木賞、06年「ロック母」で川端康成文学賞、12年『紙の月』で柴田錬三郎賞、『かなたの子』で泉鏡花文学賞受賞
越谷 オサム (コシガヤ オサム)  
1971年、東京都生まれ。2004年『ボーナス・トラック』で日本ファンタジーノベル大賞優秀賞を受賞し、デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)