• 本

ストロング・スタイル

出版社名 文藝春秋
出版年月 2018年8月
ISBNコード 978-4-16-390882-3
4-16-390882-X
税込価格 1,836円
頁数・縦 316P 19cm

商品内容

要旨

「強さとは何か」父母や友人らの言葉を得て、二人のレスラーが、たどりついた「答え」とは。父の影響でプロレスファンになった御子柴大河は、少年の頃からの夢を叶え、日本最大のプロレス団体・JPFのトップレスラーへの道を駆け上がる。しかし、プロレス人気は凋落の一途をたどっていて…。一方、大河の同級生、小林虎太郎は、抜群の運動神経を持ちながら、体が小さいことを理由にイジメを受け、心に傷を抱えていた。その後、「イジメ撲滅」を標榜するインディープロレス団体に入団するが、ある理由から悪役レスラーに転向することに。天性のスターと、不遇の天才。境遇は違えども、「強さとは何か」を求め続ける二人。団体経営に大きな影響力を持つマッチメイカーたちの思惑が交差する中、大河と虎太郎は、マットの上で、答えを見つけることができるのか―。

著者紹介

行成 薫 (ユキナリ カオル)  
1979年、宮城県生まれ。東北学院大学教養学部卒業。2012年『名も無き世界のエンドロール』(『マチルダ』改題)で第二十五回小説すばる新人賞を受賞しデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)