• 本

安藤百福とその妻仁子 インスタントラーメンを生んだ夫妻の物語

中経の文庫 C64あ

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2018年8月
ISBNコード 978-4-04-602310-0
4-04-602310-4
税込価格 702円
頁数・縦 189P 15cm

商品内容

要旨

時は太平洋戦争末期の昭和20年(1945)。優れた商才を発揮して会社を起こし、大阪・船場の地で商いを拡大させてきた一人の若者が、猛烈なアタッタをかけて良家出身の凛とした淑女と結婚した。ここに、後に世界的大発明をなす夫妻の二人三脚の物語が始まる―。チキンラーメンやカップヌードルなど画期的なインスタントラーメンの発明で、世界中の人々を満腹にし、笑顔にした日清食品創業者・安藤百福とその妻仁子。二人が追いつづけた、果てしない夢の物語。

目次

第1章 猛進する夫、包容力にあふれた妻(商売も恋も「押し」の百福
良家の娘・仁子は控えめな女性? ほか)
第2章 戦後の苦難と“食”へのチャレンジ(安藤夫妻、再び大阪へ
闇の中で垣間見たひと筋の光明 ほか)
第3章 世界的大発明!インスタントラーメン誕生(百福、「巣鴨プリズン」に収監される
子連れ上京は、仁子の作戦か? ほか)
第4章 チキンラーメンとカップヌードルの時代(チキンラーメンは“家族の絆”
仁子のプライド ほか)
第5章 ラーメンの夢を追いつづけた夫妻(仁子、親子ゲンカの板挟みになる?
百福が麺文化のルーツで見たもの ほか)

おすすめコメント

インスタントラーメンで世界の食を変えた男とその妻の波乱万丈ストーリー! 「チキンラーメン」や「カップヌードル」などの革新的な発明で、世界の食文化に革命をもたらした日清食品創業者の安藤百福(ももふく)とその妻・仁子(まさこ)。日本の食卓に豊かな味をもたらした二人の奮闘記

著者紹介

青山 誠 (アオヤマ マコト)  
大阪芸術大学卒業。ウェブサイト「BizAiA!」で『カフェから見るアジア』を連載中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)