• 本

絵で見てわかるRPAの仕組み

出版社名 翔泳社
出版年月 2018年8月
ISBNコード 978-4-7981-5706-1
4-7981-5706-6
税込価格 2,786円
頁数・縦 251P 21cm

商品内容

要旨

構成要素、構造から、ロボット開発、システム開発、導入プロセスまで。仕事を大幅に効率化。業務を自動化する技術の全体像がこの1冊でわかる!

目次

第1章 RPAの基本
第2章 RPAの動向とその効果
第3章 RPAの製品知識
第4章 RPAに近い技術
第5章 ソフトウェアとしてのRPA
第6章 ロボット開発
第7章 業務と操作の可視化
第8章 ユーザー要求とシステム開発
第9章 RPAの導入プロセス
第10章 運用管理とセキュリティ

おすすめコメント

働き方改革を実現する新技術RPAの仕組みについて、絵を見ていちから理解できる。

著者紹介

西村 泰洋 (ニシムラ ヤスヒロ)  
富士通株式会社フィールド・イノベーション本部シニアディレクター。顧客企業を全社的に可視化して経営施策の効果を検証するサービスの指揮をとっている。RPAを含む自動化技術の全社導入が経営施策のひとつであることから経験を積む。20年近くにわたり、IoT、モバイル、クラウド、ロボティクス、音楽配信など、さまざまな新技術の企業への導入と関連ビジネスに携わる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)