• 本

勝間式食事ハック

出版社名 宝島社
出版年月 2018年8月
ISBNコード 978-4-8002-8409-9
4-8002-8409-0
税込価格 1,296円
頁数・縦 253P 19cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

時短・安い・おいしい!加工食品と外食の罠にはまらない究極の料理術。食事を整えれば「人生が豊か」になる!

目次

理論編(加工食品に侵略されている私たちの食卓
目指すべき食生活はプラントベース・ホールフード
食事ハックは人生の生産性を上げる)
実践編(何はともあれ、最新の調理器具の使い方をマスターしよう
玄米と全粒粉をおいしく食べよう
加熱の基本と味付けの法則
手軽で、おいしくて、おかわりし放題の、毎日の定番メニューの作り方
すぐに実践したい食事ハック集)

出版社・メーカーコメント

「食事を整える事は、食事の生産性を上げるだけでなく、人生の生産性を上げる事になります」(「はじめに」より) 食事を変えれば、人生も変わる! 仕事や育児、様々な付き合いでまともに自炊する時間がない。普通の生活をしているにもかかわらず、太ってしまっている。 なんだか日常的に疲れていて、寝つきも悪い。そのような人は、もしかしたら、普段、食べているものが加工食品や偏った 食事ばかりではないでしょうか? 忙しい毎日を送るなか、問題は「現代の生活と時間のバランス」です。時間が欠乏しているあまりに、ほとんどの人は食事 を一番おろそかにしがちになっています。結果、自炊せずに加工食品や外食ばかりを食べる生活になってしまいます。 すると栄養の偏りや脂肪・糖分・塩分過多となり、健康を害するリスクを高めてしまうのです。 この「調理貧困」とも呼ぶべき問題を解決するためには、それなりの方法、すなわちハックが必要になってきます。 本書では、経済評論家の勝間和代さんが、忙しい現代人の生活に合った、わずか10分で毎日つづけられる時短料理法、 1食のコストを300円以下に抑え、そのうえ、栄養もおいしさも抜群の「食事ハック」を紹介します。食事に関するリテラシー を上げ、ネット注文や最新の調理家電などテクノロジーを使いこなすことで、おいしくて栄養抜群の食事を、短時間かつ 安く作れるようになります。 ただマニュアルをこなしていくような本ではなく、理論編・実践編と分けて、その考え方さえ頭に叩き込めば、自分の生活に 合わせて、まるでプラモデルを作ったり、アプリを開発したりするような楽しさで、自分なりのハックを編み出せるような作り になっています。 ぜひ、本書を通して、毎日おいしくて、おかわりがしたくて、かつ健康に良く、コストパフォーマンスも良い食事を短時間で 作れる生活を手に入れ、人生を豊かに楽しんでください。

著者紹介

勝間 和代 (カツマ カズヨ)  
経済評論家、株式会社監査と分析取締役、中央大学ビジネススクール客員教授。1968年生まれ。早稲田大学ファイナンスMBA、慶應義塾大学商学部卒業。アーサー・アンダーセン、マッキンゼー・アンド・カンパニー、JPモルガンを経て独立。なりたい自分になるための教育プログラムを「勝間塾」にて展開するかたわら、麻雀のプロ資格取得、東京・五反田にキッチンスタジオ「クスクス」をオープンするなど、活躍の場をさらに拡大中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)