• 本

日本占領と「敗戦革命」の危機

PHP新書 1152

出版社名 PHP研究所
出版年月 2018年8月
ISBNコード 978-4-569-84129-8
4-569-84129-5
税込価格 1,320円
頁数・縦 510P 18cm

商品内容

要旨

昭和20年8月15日の敗戦で日本に平和が訪れたと考えるのは、大きな誤りである。周到に仕組まれた「敗戦革命」に、日本は直面していたのだ。ルーズヴェルト政権の占領政策策定にコミンテルンのスパイが多数関与し、恐るべきプランを仕組んでいた。さらに戦時下の中国・延安では、日本共産党の野坂参三らが日本兵捕虜を「革命工作員」にすべく洗脳工作を進めた。そして敗戦国日本に“彼ら”がやってくる。昭和天皇はじめ危機に気づいた保守自由主義者たちは必死に反撃するが、時局は2・1ゼネストへ動き出す…。日本崩壊のギリギリの危機を描き切る圧倒的力作!!

目次

序章 「敗戦で平和になった」という誤解
第1章 ルーズヴェルト民主党政権下での対日「敗戦革命」計画
第2章 中国共産党による対日心理戦争
第3章 戦時下での米中結託と野坂参三
第4章 近衛上奏文と徹底抗戦の謎
第5章 停戦交渉から逃げ回ったエリートと重光葵の奮戦
第6章 占領政策という名の日本解体工作
第7章 GHQと日本共産党の蜜月
第8章 昭和天皇の反撃
第9章 仕組まれた経済的窮乏
第10章 敗戦革命を阻止した保守自由主義者たち

著者紹介

江崎 道朗 (エザキ ミチオ)  
1962年生まれ。九州大学卒業後、月刊誌編集、団体職員、国会議員政策スタッフを務め、安全保障、インテリジェンス、近現代史研究に従事。2016年夏から本格的に評論活動を開始(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)