• 本

ベトナム料理は生春巻きだけじゃない ベーシックからマニアックまで おいしいレシピ88

出版社名 柴田書店
出版年月 2018年9月
ISBNコード 978-4-388-06292-8
4-388-06292-8
税込価格 2,200円
頁数・縦 151P 26cm

商品内容

目次

ライスペーパーのつかいみちは、生春巻きだけじゃない
ベトナムの人がいちばんよく食べる麺は、フォーじゃなくてブン
バインミーはサンドイッチのことじゃなくて、パンという意味
日本の米粉はジャポニカ米。ベトナムの米粉はインディカ米
ベトナムを旅するならコムビンザンを食べるべし!
ビアホイとは、昔ながらのベトナムの生ビール
南部ではゴイ。北部ではノム。どちらもサラダやあえもののこと
暑くても、寒くても鍋
朝ごはんに、おやつに。おこわとごはんもの
小腹がすいたら、いつでもちょこちょこ。甘いおやつとしょっぱいおやつ

おすすめコメント

ライスペーパーの使いみちは生春巻きか揚げ春巻きだけと思われがち。 でも現地では、たっぷりの生野菜やハーブと、焼いたり揚げたりした魚や肉などを卓上で巻いて食べるのがポピュラー。   米粉のぷるぷる料理、サンドイッチだけじゃないバインミー、家庭料理であるコムビンザン、ベトナムの居酒屋・ビアホイ屋の絶品つまみ、しょっぱいおやつと甘いおやつ…… 知られざるベトナムのおいしい料理と、みんなが大好きな生春巻き、鶏肉のフォー、バインセオまでたっぷり収録。 「ベトナム料理の成り立ち」などベトナム食文化にせまるコラムも充実。

著者紹介

足立 由美子 (アダチ ユミコ)  
東京・江古田の「ベトナム屋台食堂Maimai(マイマイ)」店主。1997年にはじめてベトナムを訪れて以来、毎年何回も渡航しては各地の屋台や食堂をまわり、おいしいもの探しに明け暮れる。2013年にはMaimaiの3軒隣にベトナムの路地裏をイメージした「ECODA HEM(エコダヘム)」をオープン
伊藤 忍 (イトウ シノブ)  
ベトナム料理研究家。料理教室「an com(アンコム)」主宰。現地には3年半在住し、料理教室の運営に携わるかたわら、各地のレストランや家庭でさまざまな料理を習得。帰国後、2004年より料理教室、テレビ、雑誌などで、ベトナム食文化や家庭料理のレシピなどを紹介する。料理教室で教えるベトナム料理のレシピ数は500以上。ベトナムの料理文化に関する造詣も深い
鈴木 珠美 (スズキ マスミ)  
東京・西麻布のベトナム料理レストラン「kitchen.(キッチン)」店主。ベトナムに2年間在住し、料理人や料理研究家のもとで修業する。帰国後すぐにkitchen.をオープン。雑誌や広告でも活躍(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)