• 本

石井正敏著作集 4

通史と史料の間で

出版社名 勉誠出版
出版年月 2018年8月
ISBNコード 978-4-585-22204-0
4-585-22204-9
税込価格 11,000円
頁数・縦 438,30P 22cm
シリーズ名 石井正敏著作集

商品内容

要旨

日本そして東アジアの対外関係史を精緻かつダイナミックに描きだした碩学、石井正敏。その歴史を見通す視点、そして、それを支える史料との対話のあり方を伝える珠玉の論文を集成。

目次

1 古代日本と東アジア(研究の歩み
東アジア世界の成立
律令国家と東アジア ほか)
2 武家外交の成立(幕府滅亡強硬路線の果てに
握りつぶした協調の道
幕府が信じた外交ルート ほか)
3 虚心に史料を読む(崇親院に関する二・三の問題点―昌泰四年四月五日官符の検討
陽明文庫本『中右記』管見
徳川光圀と『高麗史』 ほか)

著者紹介

石井 正敏 (イシイ マサトシ)  
中央大学名誉教授。専門は古代・中世対外関係史
荒野 泰典 (アラノ ヤスノリ)  
立教大学名誉教授。専門は近世日本史、近世国際関係史
須田 牧子 (スダ マキコ)  
東京大学史料編纂所助教。専門は日本中世史(対外関係)
米谷 均 (ヨネタニ ヒトシ)  
中央大学文学部非常勤講師。専門は中近世日朝・日中関係史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)