• 本

あめだま

出版社名 ブロンズ新社
出版年月 2018年8月
ISBNコード 978-4-89309-648-7
4-89309-648-6
税込価格 1,650円
頁数・縦 1冊(ページ付なし) 26×26cm

書店レビュー 総合おすすめ度: 全1件

  • 文房具屋でドンドンが見つけたのは、6つのあめだま。
    部屋で1つ食べると、「リモコンがはさまって痛い!」とソファの声が聞こえてきた!
    もう1つ食べると、今度は犬のグスリが話しはじめて……
    あめだまを通して周囲の愛に気づいたとき、ひとりぼっちの少年におとずれた変化とは?

    こんな不思議なあめだまがあったら、あなたは誰の声を聞きたいですか?

    『天女銭湯』、『天女かあさん』のペク・ヒナさんが贈るステキな物語。
    ペク・ヒナさんがスカルピー粘土でつくった人形たち。
    絵の細かいところも見てくださいね!

    (2020年4月24日)

商品内容

文学賞情報

2019年 第24回 日本絵本賞 翻訳絵本賞受賞
2019年 第24回 日本絵本賞 読者賞(山田養蜂場賞)受賞

要旨

あなたの心がきこえてくる魔法のあめだま。

著者紹介

ペク ヒナ (ペク ヒナ)  
絵本作家。自称人形いたずら作家。1971年、ソウル生まれ。韓国の梨花女子大学卒業後、カリフォルニア芸術大学でアニメーションを学ぶ。人形制作、緻密なセットづくり、撮影までをひとりでこなし、独特のファンタジー世界をつくり出す。数々の賞を獲得している、韓国でもっとも注目される絵本作家。一男一女の母
長谷川 義史 (ハセガワ ヨシフミ)  
絵本作家。1961年、大阪生まれ。グラフィックデザイナー、イラストレーターを経て、絵本作家デビュー。独特のタッチとユーモアあふれる作風で、あたたかな世界を描く。日本でもっとも注目されている絵本作家。『ぼくがラーメンたべてるとき』(教育画劇)で、日本絵本賞、小学館児童出版文化賞受賞。『へいわってすてきだね』(ブロンズ新社)でMOE絵本屋さん大賞第1位。絵本の翻訳も多数手がけている。三人の男子の父(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)