• 本

戦乱と民衆

講談社現代新書 2488

出版社名 講談社
出版年月 2018年8月
ISBNコード 978-4-06-512218-1
4-06-512218-X
税込価格 842円
頁数・縦 204P 18cm

商品内容

要旨

白村江、応仁の乱、大坂の陣、禁門の変…民衆はいかにサバイバルしたのか?国際日本文化研究センターの人気学者たちが描く、英雄中心の歴史とは異なる、民衆を主語とした日本史!

目次

第1部 日本史の戦乱と民衆―基調報告(白村江の戦いと民衆(倉本一宏)
応仁の乱と足軽(呉座勇一)
オランダ人が見た大坂の陣(フレデリック・クレインス) ほか)
第2部 歴史を見る視点―一般公開座談会(倉本一宏+呉座勇一+フレデリック・クレインス+磯田道史+(司会)石上阿希)(戸籍から読み解く壬申の乱
歴史を見る「視点」の重要性
女性の被害はどう扱われているのか ほか)
第3部 生き延びる民衆・チャンスとしての戦乱―座談会(倉本一宏+呉座勇一+フレデリック・クレインス+磯田道史+井上章一+榎本渉+石上阿希)(『万葉集』に防人の声を聴く
民衆に冷たい室町の権力
日本とヨーロッパの戦争における類似点と相違点 ほか)

おすすめコメント

白村江、応仁の乱、大坂の陣、禁門の変。日本史上の争乱はなぜ起きたのか。戦いを生き延びた民衆の姿とは? 白熱の討論、新書化!

著者紹介

磯田 道史 (イソダ ミチフミ)  
1970年、岡山県生まれ。国際日本文化研究センター准教授。専門は日本近世・近代史、社会経済史
倉本 一宏 (クラモト カズヒロ)  
1958年、三重県生まれ。国際日本文化研究センター教授。専門は日本古代政治史、古記録学
クレインス,フレデリック (クレインス,フレデリック)   Cryns,Frederik
1970年、ベルギー生まれ。国際日本文化研究センター准教授。専門は日欧交渉史
呉座 勇一 (ゴザ ユウイチ)  
1980年、東京都生まれ。国際日本文化研究センター助教。専門は日本中世史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)