• 本

機動部隊の栄光 艦隊司令部信号員の太平洋海戦記 新装版

光人社NF文庫 は1088

出版社名 潮書房光人新社
出版年月 2018年9月
ISBNコード 978-4-7698-3088-7
4-7698-3088-2
税込価格 907円
頁数・縦 324P 16cm
シリーズ名 機動部隊の栄光

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

真珠湾、インド洋、ミッドウェー海戦、南太平洋海戦等いくたの艦隊決戦に臨み、つねに空母の露天艦橋にあって、南雲、小沢長官の命令を伝達する責務を負って奮闘した司令部付信号員が綴った迫真の戦闘航海日録。黒煙、火炎渦巻く海戦の艦上で古参下士官が見たものは何か―戦闘下の司令部の実情を伝える話題作。

目次

第1章 海軍志願兵募集
第2章 司令部付信号員
第3章 パールハーバー奇襲
第4章 インド洋の波涛
第5章 炎のミッドウェー
第6章 旗艦「翔鶴」の航跡
第7章 懐かしき故郷の山河
第8章 機雷掃海余話

著者紹介

橋本 廣 (ハシモト ヒロシ)  
大正7年9月、茨城県に生まれる。昭和10年6月、横須賀海兵団に入団。普通科・高等科信号術練習生卒。空母「加賀」「赤城」「蒼龍」乗り組みをへて16年4月、新たに第1航空艦隊編成、同司令部付として「赤城」に乗艦。真珠湾攻撃、インド洋作戦、ミッドウェー海戦に参加。17年7月、第3艦隊司令部付として「翔鶴」乗り組み、ソロモン、南太平洋に歴戦する。18年11月、土浦海軍航空隊付被命。20年6月、横須賀防備隊に入隊、第三曳船乗り組みとなり、終戦を迎える。同年10月、第202駆潜特務艇乗り組み、掃海作業に従事。21年2月、解員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)