• 本

火焔の啖呵

二見時代小説文庫 お3−22 北町影同心 9

出版社名 二見書房
出版年月 2018年9月
ISBNコード 978-4-576-18132-5
4-576-18132-7
税込価格 700円
頁数・縦 304P 15cm

商品内容

要旨

讃岐の貧乏藩に幕府より御手伝普請三万両が命ぜられる。重臣らは頭を抱えるのだが、藩主が出入りの両替商を巻き込む奇策を思いつく。一年後、影同心の音乃と巽丈一郎が世話になっている船宿の屋形船で、件の両替商が殺されているのが見つかり、船宿の主が捕まるが、主は黙秘を。侍による商家押込みも起こり、探索は風雲急を告げるのだが…。人の弱みに付け込む悪を暴く。

おすすめコメント

「江戸広しといえどこれほどの女はおるまい」と北町奉行を唸らせた同心の妻・音乃。奉行の影同心として悪を斬る!