• 本

国境ある経済の復活 世界貿易戦争で敗北する中国とドイツ

出版社名 徳間書店
出版年月 2018年8月
ISBNコード 978-4-19-864679-0
4-19-864679-1
税込価格 1,620円
頁数・縦 269P 19cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

現在の国家秩序や国際関係を破壊しようとしている「グローバリズム=タックスヘイブン」擁護派こそが悪の枢軸だ。日米同盟+ロシアで中独同盟に対抗する新しい対立軸の時代が始まった!

目次

第1章 米中貿易戦争が始まった!
第2章 核武装した統一朝鮮の誕生?
第3章 北朝鮮に飲み込まれる韓国
第4章 米国における日本核武装容認論の衝撃
第5章 イラン核合意破棄は北朝鮮の非核化と連動
第6章 衰退する「グローバリズム=タックスヘイブン」擁護派
第7章 脱原発に向けて動き始めた世界
第8章 ユーロは崩壊過程に入った

おすすめコメント

グローバリズムの時代はもう終わった 貿易戦争の敗者は中国になる!

著者紹介

藤井 厳喜 (フジイ ゲンキ)  
1952年、東京都生まれ。国際政治学者。早稲田大学政治経済学部卒。クレアモント大学大学院政治学部(修士)を経て、ハーバード大学政治学部大学院博士課程修了、同大学国際問題研究所研究員、政治学部助手。1982年から近未来予測の会員制情報誌「ケンブリッジ・フォーキャスト・レポート」を発行。インターネット上でもYouTubeを中心に世界政治や経済情勢について発信している。現在、呉竹会代表幹事、一般社団法人日本クルド友好協会理事も務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)