• 本

一等兵戦死 復刻版

出版社名 ハート出版
出版年月 2018年8月
ISBNコード 978-4-8024-0064-0
4-8024-0064-0
税込価格 1,620円
頁数・縦 253P 19cm

商品内容

要旨

戦後の日本人の記憶からは消されてしまった、勇敢に戦う父祖たちの姿、美しき日本兵の心とは―支那事変の最前線にのぞむ一人の兵士が赤裸々に綴った真実の記録。昭和13年に刊行された同年上期の“直木賞候補”。戦後GHQによって没収・廃棄された幻の“名作”を完全復刻。

目次

戦線の序章
僕の参戦手帖から
一等兵戦死
戦場の点
詩集戦線
上海戦線の余韻
戦線の土、故国の土

著者紹介

松村 益二 (マツムラ エキジ)  
大正2(1913)年、徳島市に生まれる。文化学院文学部卒業後、徳島日日新報社を経て、昭和11(1936)年、毎日新聞社に入社。昭和12(1937)年、支那事変に応召され、昭和13(1938)年、応召解除。同年10月には、『一等兵戦死』が春秋社から刊行され、同書は昭和13年上期の直木賞候補となる。昭和19(1944)年、従軍記者としてビルマ戦線へ派遣、昭和21(1946)年に復員。その後は、徳島新聞社編集局長、徳島日本ポルトガル協会理事、四国放送代表取締役社長などを歴任。昭和59(1984)年、腎不全のため逝去。享年70(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)