• 本

じーじ、65歳で保育士になったよ シニアたちよ、待機児童のために起ち上がれ

出版社名 幻冬舎メディアコンサルティング
出版年月 2018年8月
ISBNコード 978-4-344-91871-9
4-344-91871-1
税込価格 1,404円
頁数・縦 306P 19cm

商品内容

要旨

世界的IT企業のIBMを勤め上げ、今後の人生の送り方を模索していた著者は、2016年に話題となった「保育園落ちた日本死ね」という言葉に衝撃を受ける。待機児童問題の深刻さを知り、「それならば私が保育士なり、問題解決の一助になろう」と決心する。国家試験に合格し、現役保育士として園児、保護者と向き合う著者の奮闘記。

目次

1章 待機児童の問題解決へのやむにやまれぬ思い
2章 第一の関門―筆記試験への挑戦
3章 第二の関門―いよいよ実技試験へ進む
4章 第三の関門―勤務先となる保育所探し
5章 保育所での経験・学び
6章 保育士として見えること
7章 まとめ

著者紹介

高田 勇紀夫 (タカダ ユキオ)  
1951年12月、千葉県生まれ。1974年3月、東京都立大学経済学部卒業(現・首都大学東京)。1974年4月、日本アイ・ビー・エム株式会社に入社。SE、営業課長、常務取締役補佐、富山営業所長、業務改革推進担当、北アジア太平洋地域の需給管理担当、米国IBMでオプション・モニターの需給管理担当、社長室CS(お客様満足度向上)担当、ビジネス・コントロール(内部統制)担当などを経験し、2011年12月に定年退職。2017年4月より都内の認可保育所で保育士として勤務(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)