• 本

ボルドーでワインを造ってわかったこと 日本ワインの戦略のために

出版社名 イカロス出版
出版年月 2018年8月
ISBNコード 978-4-8022-0572-6
4-8022-0572-4
税込価格 2,860円
頁数・縦 369P 21cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

日本ワインの最前線に立つ気鋭の醸造家が体験したワインの聖地ボルドー。決して恵まれた気候ではないボルドーはしたたかな戦略、工夫と努力で、世界的な名声と競争力を確立した。

目次

第1章 栽培編
第2章 醸造編
第3章 改植編
第4章 歴史編
第5章 テイスティング編
第6章 生活編
エピローグ

著者紹介

安蔵 光弘 (アンゾウ ミツヒロ)  
1968年、茨城県水戸市に生まれる。東京大学農学部農芸化学科卒業、同大学院修士課程応用生命工学専攻(応用微生物学)修了。メルシャン株式会社入社、勝沼ワイナリー配属。本社商品企画部(ワイン商品開発担当)およびワイン事業本部国産商品部(開発担当)を経て、勝沼ワイナリー技術係に復帰。2001年より、ボルドー・オーメドックに同社が所有するシャトー・レイソンに駐在し、栽培と醸造作業に従事する。同時期にボルドー大学醸造学部に在籍し、DUAD(Dipl^ome Universitaire d’Aptitude `a la D´egustation)およびDU Technologie du Vin取得。東京大学農学部非常勤講師(2009〜)、洋酒技術研究会賞受賞(2014年)、社団法人葡萄酒技術研究会理事、ワイン醸造技術管理士(エノログ)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)