• 本

肉食の社会史

出版社名 山川出版社
出版年月 2018年8月
ISBNコード 978-4-634-15138-3
4-634-15138-3
税込価格 2,750円
頁数・縦 419P 20cm

商品内容

要旨

殺生・差別をめぐる葛藤―人間は、動物を殺して食べることに、いつから「うしろめたさ」を抱いてきたのか、それともそれは後世の“文化”なのか。難問のひとつがここにある。

目次

第1章 禁欲から禁忌へ
第2章 肉食の実態
第3章 家畜は不浄か
第4章 殺生・肉食の正当化
第5章 諏訪信仰と殺生・肉食
第6章 武士の覇権と殺生・肉食

著者紹介

中澤 克昭 (ナカザワ カツアキ)  
1966年、長野県長野市川中島町に生まれる。1995年、青山学院大学大学院文学研究科史学専攻博士後期課程退学。日本学術振興会の特別研究員として東京大学大学院人文社会系研究科で研究に従事し、青山学院大学・聖学院大学などで非常勤講師をつとめる。1999年、論文「中世の武力と城郭」により博士(歴史学・青山学院大学)。2000年、長野工業高等専門学校専任講師。同准教授などを経て、2014年、上智大学文学部准教授。2017年から同教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)