• 本

JR京浜東北線沿線の不思議と謎

じっぴコンパクト新書 348

出版社名 実業之日本社
出版年月 2018年9月
ISBNコード 978-4-408-33780-7
4-408-33780-3
税込価格 972円
頁数・縦 223P 18cm

商品内容

要旨

大宮から上野、東京、蒲田、鶴見を経て横浜とを結ぶ京浜東北線。横浜線や根岸線から直通してくる電車もあるこの路線、実は「戸籍」がない路線だった!?通しで乗ることはないけれど、それぞれの区間で重要な役割を果たす京浜東北線は、その成り立ちも、運行・利用の実態も、とても興味深いものなのです。各駅に降りながら、通勤路線の魅力に迫ります。

目次

第1章 並行ルート、別ルート。埼玉‐東京‐神奈川を縦断する京浜東北線「ルート」の謎(京浜東北線はJRの正式な路線名称ではない
東京と横浜を結ぶ路線として産声をあげた京浜東北線 ほか)
第2章 快速運転、直通運転。京浜東北線「運行」の謎(上野東京ライン開業で京浜東北線は変わったのか?
国電初の快速電車は京浜東北線で走った ほか)
第3章 常に最新鋭!京浜東北線「電車」の魅力(「京浜線」の車両は何もかもが新しいものだった
重量半分・価格半分・寿命半分で開発された電車 ほか)
第4章 京浜東北線 各駅物語(大宮―日本有数の巨大ターミナル駅
さいたま新都心―「さいたま新都心」は旧国鉄の大宮操車場の跡地 ほか)

著者紹介

松本 典久 (マツモト ノリヒサ)  
1955年、東京都生まれ。東海大学卒業。出版社勤務を経て、1982年からフリーランスの鉄道ジャーナリストとして活躍。鉄道や旅などを主なテーマとして執筆し、鉄道専門誌「鉄道ファン」などに寄稿するとともに、鉄道や鉄道模型に関する書籍、ムックの執筆や編著などを行っている。著書や編著書、監修書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)