• 本

国語教育の危機 大学入学共通テストと新学習指導要領

ちくま新書 1354

出版社名 筑摩書房
出版年月 2018年9月
ISBNコード 978-4-480-07171-2
4-480-07171-7
税込価格 968円
頁数・縦 285P 18cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

「大学入試センター試験」に代わって新しく導入される「大学入学共通テスト」。試行テスト等の内容を見る限りでは、本当に国語の大学入試問題なのかと首をかしげたくなる。新テストは、「新学習指導要領」の内容を先取りする形で作成されており、これが文部科学省の目指す理想形だとしたら、いま国語教育は重大な危機に瀕していると言えよう。「大学入学共通テスト」と「新学習指導要領」をつぶさに分析し、そこからかいま見える国語教育が抱える問題点を指摘し、警鐘を鳴らす。

目次

第1章 「大学入学共通テスト」の記述式問題例
第2章 「学習指導要領」の改訂
第3章 マークシート式問題の混迷
第4章 プレテストの分析1―記述式問題
第5章 プレテストの分析2―マークシート式問題
第6章 「国語」の力をとりもどす

著者紹介

紅野 謙介 (コウノ ケンスケ)  
1956年東京都生まれ。早稲田大学大学院文学研究科博士課程中退。麻布高等学校教諭を経て、日本大学文理学部教授。専攻は日本近代文学。メディア環境や多様な文化の広がりの中で文学を捉える試みを続けている。筑摩書房高等学校用国語教科書編集委員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)