• 本

データ取引契約の基本と書式

出版社名 中央経済社
出版年月 2018年9月
ISBNコード 978-4-502-27441-1
4-502-27441-0
税込価格 3,300円
頁数・縦 255P 21cm

商品内容

要旨

リスク管理に実効性のある契約条項検討のポイント。「GDPR」や「AI・データ契約ガイドライン」など、注目の最新動向に対応した実務解説。

目次

第1部 データ取引契約の基礎知識(データ「大流通時代」の到来と「規制」
「データ資本主義」社会の“主権者”とデータ利用権限
データ流通と契約 ほか)
第2部 契約条項の文例と機能(データ提供契約
匿名加工情報利用許諾契約
データ消去・廃棄委託契約 ほか)
第3部 契約書ひな形集(個人情報の取扱いに関する同意書
プライバシーポリシー
秘密情報管理規程 ほか)

著者紹介

長谷川 俊明 (ハセガワ トシアキ)  
弁護士。1973年早稲田大学法学部卒業。1977年弁護士登録。1978年米国ワシントン大学法学修士課程修了(比較法学)。国土交通省航空局総合評価委員会委員、元司法試験考査委員(商法)。現在、企業法務とともに国際金融取引や国際訴訟を扱う傍ら、上場・大会社の社外取締役を務める。長谷川俊明法律事務所代表
荒木 洋介 (アラキ ヨウスケ)  
2009年九州大学工学部機械航空工学科卒業後、2013年早稲田大学法科大学院修了(法務博士)。2014年弁護士登録。同年、長谷川俊明法律事務所入所
中山 創 (ナカヤマ ソウ)  
2012年上智大学法学部法律学科卒業後、2014年早稲田大学法科大学院修了(法務博士)。2017年1月弁護士登録。同月、長谷川俊明法律事務所入所
藤田 浩貴 (フジタ ヒロキ)  
2013年大阪大学法学部法学科卒業後、2015年京都大学法科大学院修了(法務博士)。2016年12月弁護士登録。2017年1月長谷川俊明法律事務所入所(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)