• 本

影ぞ恋しき

出版社名 文藝春秋
出版年月 2018年9月
ISBNコード 978-4-16-390895-3
4-16-390895-1
税込価格 2,106円
頁数・縦 580P 20cm

商品内容

要旨

大石内蔵助ら赤穂浪人四十七士の吉良邸討ち入りを目の当たりにした雨宮蔵人。それから四年経ち、妻の咲弥と娘の香也とともに鞍馬山で静かに暮らしていた蔵人のもとに、少年が訪れた。少年は冬木清四郎という吉良家の家人だった。清四郎の主人を思う心に打たれた蔵人たちは、吉良左兵衛に会うため配流先の諏訪へ向かう。次第に幕府の暗闘に巻き込まれ…。

おすすめコメント

著者渾身の遺作。『いのちなりけり』『花や散るらん』に続く三部作最終巻。

著者紹介

葉室 麟 (ハムロ リン)  
1951年北九州市小倉生まれ。西南学院大学卒業後、地方紙記者などを経て、2005年「乾山晩愁」で歴史文学賞を受賞しデビュー。2007年『銀漢の賦』で松本清張賞受賞。2012年『蜩ノ記』で直木賞受賞。2016年『鬼神の如く黒田叛臣伝』で司馬遼太郎賞受賞。2017年12月23日、逝去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)