• 本

マダラ 死を呼ぶ悪魔のアプリ

集英社文庫 き20−3

出版社名 集英社
出版年月 2018年9月
ISBNコード 978-4-08-745790-2
4-08-745790-7
税込価格 726円
頁数・縦 336P 16cm

書店レビュー 総合おすすめ度: 全1件

  • アパートの一室で3人の大学生が互いに殺しあうという謎の事件発生。
    警察の捜査の結果、「マダラ」というアプリをインストールして起動すると、人を殺さずにいられなくなってしまうという仮説が。
    捜査の合間にもアプリはどんどんインストールされ、混乱が、、、。
    誰がなんのためにそんなアプリをつくったのか、阻止することはできるのか!?
    という物語なのですが、、、
    事件そのものの謎解きもそうですが、そこに付随して描かれる社会の動きなどが、
    「もしそういう現象が起きれば、そうなるのかもしれない、、、」と思わされます。
    予備知識がない状態で読み始めたのですが、意外性や展開の大きさに終始驚かされました。

    (2019年5月7日)

商品内容

要旨

三人の大学生が互いに殺し合う不可解な事件が発生した。被害者は「マダラ」という謎のアプリをスマートフォンにインストールしていた。警視庁捜査一課の刑事・安達はやがて、“そのアプリを開いた者は、人を殺さずにはいられなくなる”という仮説にたどりつく。警察が対策を講じようとしたその時、「マダラ」が目覚め、世界に大混乱をもたらす―。謎が謎を呼ぶ衝撃のノンストップサスペンス!

出版社・メーカーコメント

そのアプリを絶対に開いてはいけない。殺人アプリが世界中で猛威を振るう! ノンストップサスペンス全国書店員から反響続々 いきなり文庫!三人の大学生が互いに殺し合う不可解な事件が発生した。被害者は「マダラ」という謎のアプリをスマートフォンにインストールしていた。警視庁捜査一課の刑事・安達はやがて、“そのアプリを開いた者は、人を殺さずにはいられなくなる”という仮説にたどりつく。警察が対策を講じようとしたその時、「マダラ」が目覚め、世界に大混乱をもたらす──。謎が謎を呼ぶ衝撃のノンストップサスペンス!

著者紹介

喜多 喜久 (キタ ヨシヒサ)  
1979年徳島県生まれ。東京大学大学院薬学系研究科修士課程修了。2003年より、製薬会社に研究員として勤務。『ラブ・ケミストリー』(原題『有機をもって恋をせよ』)で、第9回「このミステリーがすごい!」大賞・優秀賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)