• 本

葵の密使 4

新装版

双葉文庫 い−40−46 不知火隼人風塵抄

出版社名 双葉社
出版年月 2018年9月
ISBNコード 978-4-575-66906-0
4-575-66906-7
税込価格 672円
頁数・縦 279P 15cm
シリーズ名 疾風の密使

商品内容

要旨

数々の国難を救ってきた幕府の密使、不知火隼人。その出生の秘密が意外な形で明かされた。「そなたは上さまの兄上。命を狙われておる」―大奥御年寄、歌橋の突然の告白に驚愕する隼人。実弟である将軍家定より葵の脇差を、歌橋からは南蛮渡来の鏡を形見に授けられ、江戸を去るよう忠告されるが、すでに最凶の刺客は背後に迫っていた!剣戟の名手による伝説の娯楽大作、堂々の最終巻。

おすすめコメント

幕府の密使として数々の国難を救ってきた不知火隼人。その出生の秘密が意外な形で明かされた。「そなたは上さまの兄上。命を狙われておる」−−大奥御年寄、歌橋の突然の告白に驚愕する隼人。実弟である将軍家定より葵の脇差を、歌橋からは南蛮渡来の鏡を形見に授けられ、江戸を去るよう忠告されるが、すでに最凶の刺客は背後に迫っていた! 剣戟の名手による伝説の娯楽大作、堂々の最終巻。

著者紹介

稲葉 稔 (イナバ ミノル)  
1955年熊本県生まれ。脚本家などを経て、94年に作家デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)