• 本

病院のやめどき 「医療の自己決定」で快適人生

朝日新書 683

出版社名 朝日新聞出版
出版年月 2018年9月
ISBNコード 978-4-02-273776-2
4-02-273776-X
税込価格 810円
頁数・縦 193P 18cm

商品内容

要旨

日本の医療は、薬も含めてエビデンスが大いに疑わしい。検診が病人を増やし、患者の「数値」だけを治そうとする医者は、薬の副作用に向き合おうともしない。そもそも科学として発展途上に過ぎない医学を牛耳る「権威」たちは、勉強不足!そんなダメ医者と、そうでない医者の見極め方など、「自己決定」のためのヒントを提示する。

目次

はじめに 命とQOL、どちらを選ぶのか?
第1章 だから病院通いをやめる1 エビデンスのない日本の医療
第2章 だから病院通いをやめる2 このままでは一生、薬漬け
第3章 だから病院通いをやめる3 医者には大事な知識がない
第4章 医療の自己決定のために1 「我慢しない」これだけのメリット
第5章 医療の自己決定のために2 いい医者は「待合室」でわかる
第6章 医療の自己決定のために3 看護師、ケアマネのほうが当てになる
おわりに 快適人生のきっかけに

おすすめコメント

どんな人にも「快適に生きる権利」があるはずだ。ところがほとんどの病院は、それを無視している。あなたの身体を診ようとはせず、検診結果の数値だけを見て、ほぼ機械的に薬を処方する。薬の副作用に関する説明はナシ。たとえば血圧の数値が「標準」より高ければ、降圧剤を処方する。だが、「過降圧」となって、頭がふらふらしたとしても、医者はあなたの訴えに耳を貸そうとしない。「数値を標準にする」という医療の信奉者だからだ。しかも、日本の病院で出される薬は、日本人に有効であるというエビデンス(科学的根拠)が欠如していると言わざるを得ない。 また、日本ほど集団検診が大規模に行われている国も珍しいが、国民の健康に役立っているか、はなはだ疑わしい。ほかにも医療界が隠したがる問題はやまほどある。。患者は情報弱者になってはいけない! 自分の健康な生活を守れるのは自分自身だからだ。   病院から言われるままに治療して、副作用に悩みつつ少しだけ長生きしたら幸福だろうか? 生活の質(QOL)を下げない生活を守れるかどうかはあなた次第。「医療の自己決定」が重要なのだ。   日本の医療界の正体を明らかにし、快適に生きるためのヒントを紹介する。 第1章 エビデンスのない日本の医療 第2章 医学の権威は信用できない! 第3章 予防医学にこだわるよりも、疫学と栄養学 第4章 医学の進歩を信じるという発想 第5章 医者に舐められてはいけない! 第6章 医者版「食べログ」を!

著者紹介

和田 秀樹 (ワダ ヒデキ)  
1960年大阪府生まれ。東京大学医学部卒、精神科医。国際医療福祉大学心理学科教授。川崎幸病院精神科顧問。和田秀樹こころと体のクリニック院長。メンタルケアほか医療に関する著書多数。受験・教育の論客として知られ、社会時評にも定評がある。映画監督としても活躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)