• 本

AI時代の新・地政学

新潮新書 781

出版社名 新潮社
出版年月 2018年9月
ISBNコード 978-4-10-610781-8
4-10-610781-3
税込価格 858円
頁数・縦 232P 18cm

商品内容

要旨

AI時代を迎え、従来の地政学の常識は大きく書き換えられていく。戦略兵器となった「AI兵器」が核にとって代わり、熱い戦争ではなく「水面下の刺し合い」が主戦場となる可能性すらある。大事なのは、技術の革新を認識しつつ、変わらぬ人間の本質と冷徹な現実を見据え、世界の行く末をクールに考え抜く姿勢だ。戦略的思考に定評のある元外交官が、縦横無尽・自由自在・ユーモアたっぷりに未来を読み解く。

目次

第1章 AI革命で激変する地政学
第2章 歴史の大局観を磨く
第3章 ダークサイドの覚醒と諸帝国の逆襲
第4章 「核の脅威」の本質
第5章 蘇るナショナリズム
第6章 米国は衰退し、中国の夢が実現する?
第7章 要人へのお節介メッセージ
第8章 ちょっと変わっているが、素晴らしい国

著者紹介

宮家 邦彦 (ミヤケ クニヒコ)  
1953(昭和28)年神奈川県生まれ。キヤノングローバル戦略研究所研究主幹。元外交官。東京大学法学部を卒業後、外務省に入省。在中国大使館公使、在イラク大使館公使などを経て2005年に退官(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)