• 本

歴史のなかの平和的国際機構

国際政治 193号

出版社名 日本国際政治学会
出版年月 2018年9月
ISBNコード 978-4-641-49933-1
4-641-49933-0
税込価格 2,200円
頁数・縦 181,17P 21cm

商品内容

目次

序章 平和的国際機構と歴史研究
ロバート・セシル卿の国際平和機構観―国家主権・世論・平和的変革
戦間期の列国議会同盟と日本―中村嘉寿の活動を中心に
ヘルス・ガバナンスの胎動と国際連盟保健機関―機能的協力、国際機構の併存、世界大恐慌
知的協力から国際文化交流へ―国際連盟知的協力国際委員会における理念変容
「強制的連盟」と「協議的連盟」の狭間で―国際連盟改革論の位相
国際機構に請願する権利―世界人権宣言と個人の主体化をめぐる国連史序説
国連システムの構築におけるトランスナショナルネットワークの役割―戦時食糧協力からの一考察
アルジェリア戦争と赤十字国際委員会(ICRC)―人道主義と政治の相克
紛争の証言者としての人権NGOの出現―人道危機監視ネットワークの生成と展開〔ほか〕