• 本

定年後、お金で泣く人笑う人

出版社名 マガジンハウス
出版年月 2018年9月
ISBNコード 978-4-8387-2922-7
4-8387-2922-7
税込価格 1,404円
頁数・縦 189P 19cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

将来、「お金で泣くタイプ」の方が世の中には多くいます。それはお金に対する考え方や行動に現れるもので、家、日々の消費、休日の過ごし方、保険、教育などさまざまなところで静かに、しかし着々と「差」を生んでゆきます。この「差」を意識してお金と計画的につき合っていくと、将来「お金で笑う」ことに、逆に差に無頓着にまん然と浪費を続けていくと、将来「お金で泣く」ことになります。

目次

第1章 定年後、本当に必要な金額は幾ら?(金融機関が勧めるプランは疑問だらけ
なぜ、銀行員に相談してはいけないのか? ほか)
第2章 50代からの「支出の減らし方」(「地位財」にお金をかけない
教育費は本当に必要か? ほか)
第3章 50代からの「お金の増やし方」(投資のリスクをどう考える?
投資に回す金額の目安は? ほか)
第4章 50代からの「お金の守り方」(いつかは向き合う「老い」とお金
判断力が落ちると人を頼りたくなる ほか)

おすすめコメント

●老後いくら必要かが1分でカンタンにわかる数式 ●銀行、保険会社は絶対信じちゃダメ ●「結構な額」得する!この1月から主婦もOKの確定拠出年金の運用テク ●教育費、介護費用のかしこい調達法…   50代は、定年の前からキチンとしたお金の使い方を勉強しておかないと、とんでもない老後が待ち受けています。お金の貯め方、運用の仕方、使い方など、初歩的なところからわかりやすく解説。目からウロコの錬金術とは!!

著者紹介

山崎 元 (ヤマザキ ハジメ)  
経済評論家、楽天証券経済研究所客員研究員。株式会社マイベンチマーク代表取締役。1958年、北海道生まれ。東京大学経済学部卒業、三菱商事入社。その後、野村投信、住友生命、住友信託、メリルリンチ証券、UFJ総合研究所など12回の転職を経て現職。雑誌の連載やテレビ出演多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)