• 本

感動経営 世界一の豪華列車「ななつ星」トップが明かす49の心得

出版社名 ダイヤモンド社
出版年月 2018年9月
ISBNコード 978-4-478-10519-1
4-478-10519-7
税込価格 1,728円
頁数・縦 332P 19cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

おすすめコメント

九州各地を巡るクルーズトレイン、「ななつ星in九州」。 高額でありながら最高競争率316倍と、2013年の開業以来継続して人気を誇り、いまや 世界一の豪華列車と呼ばれています。 そのななつ星の産みの親の、JR九州会長・唐池恒二さんが、どのように会社を動かして きたかをまとめたのが、本書です。 1987年の国鉄分割民営化の会社スタート時は、300億円の赤字を抱えていたJR九州。 その会社が売上の6割を鉄道以外の収入にすることで驚異的なV字回復を遂げ、8年連続 増収。37のグループ会社を率い、2016年に東証一部上場、2017年に黒字500億円を達成 しました。 国営鉄道から、高速船、外食、農業、ドラッグストア等の新業態への変更という難事業 。それらを実現させた背景には「感動のない仕事は仕事ではない」という著者の信念が ありました。 本書では、経営の原理原則、再現性のあるノウハウ、破天荒なダイナミックエピソード の3本柱を基本に、49のエピソードを掲載。 ・中期経営計画にも記載した、異端尊重 ・逆境でも「気」を集められる5つの法則 ・思いと手間が感動を呼ぶ話と、ななつ星の車内で寿司を握る、博多一の寿司店の大将 の矜持 ・2011年3月12日に予定されていた、九州新幹線全線開業の式典・イベントの話 等、著者の実体験に基づいた、心動かされるエピソード揃いです。 実はこの本も、唐池さんの著書を読んで感動した編集者が「さらに感動する一冊を出版 しませんか?」とお願いし、そのオファーに感動した唐池さんが執筆されたという、「 感動の循環」から生まれたとの事。 ビジネス書としてもノンフィクションとしても、読みごたえのある内容です。  ぜひ、立ち読みページからご一読ください。

出版社・メーカーコメント

世界一の列車ななつ星トップが明かす49の感動経営の心得。最高競争率317倍のななつ星をどう作り、お客さまをどう感動させるか。「カンブリア宮殿」出演で話題沸騰!赤字300億円から黒字500億円へ!感動、躍進、飛躍。ホテルも流通も不動産も建設も外食も農業も鉄道もすべて8年連続増収!なぜ躍進し続けるのか