• 本

食育のウソとホント 捏造される「和食の伝統」

出版社名 こぶし書房
出版年月 2018年9月
ISBNコード 978-4-87559-344-7
4-87559-344-9
税込価格 2,160円
頁数・縦 234P 20cm

商品内容

要旨

あやしい「食育」が多すぎる!「旬」だからおいしい?「日本型食生活」だから健康?「食卓の団らん」が日本の伝統?―教育現場にしのびこむ怪しい「和食」賛美を、膨大な文献資料をもとに検証。痛快な近代日本食文化史!

目次

第1章 “生きのびる”ための食育(食費ひと月九〇〇〇円の真実
食生活の「欧米型」と「日本型」 ほか)
第2章 “体にいい”を科学する食育(米食礼賛に待った!
食中毒で死なない、打たれ強い食べ方 ほか)
第3章 “伝統”のウソをつたえる食育(「昔は○○だった」を鑑識する
鯨食は伝統食なのか? ほか)
第4章 “旬”と“鮮度”を考える食育(「旬のもの」食育の大勘違い
保存食の食育 ほか)
第5章 “食べる”を考える食育(食の支えあいを学ぶ
お手軽食と危険ドラッグに関する食育 ほか)

著者紹介

魚柄 仁之助 (ウオツカ ジンノスケ)  
1956年、福岡県生まれ。食文化研究家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)