• 本

始まりの魔法使い 4

魔術の時代

富士見ファンタジア文庫 い−8−1−4

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2018年9月
ISBNコード 978-4-04-072588-8
4-04-072588-3
税込価格 748円
頁数・縦 350P 15cm
シリーズ名 始まりの魔法使い

商品内容

要旨

竜歴900年。村では、精霊魔法の発展による弊害として精霊の暴走による事件―精霊災害が頻発していた。その対策として、“私”は、免許制度や対精霊魔法の研究を進めることに。ある日、ヒイロ村は死骸を操る黒い影―屍鬼の襲撃を受ける。その犠牲として残された赤子を拾った事で、“私”は―「クリュセがハイハイしたわよ!」「おつかれさま、おとうさん」ニーナと初めての子育てに挑戦することになり!?魔法の時代が終わる時、幸福な最果ての村に、災いを報せる鐘が鳴り響く。これは、すべての“始まり”を創った竜の魔法使いと、その家族の物語。

おすすめコメント

ニーナさんは、お父さんのことが好きなんじゃないですか? 精霊魔法の発展に伴って頻発する精霊災害を対策すべく、免許制度など法の整備や研究を進める先生たち。そんな中、精霊災害の犠牲者となった赤子を拾った事で、ニーナと初めての子育てに挑戦することになり!?

著者紹介

石之宮 カント (イシノミヤ カント)  
『始まりの魔法使い』で、第1回カクヨムWeb小説コンテスト“特別賞”を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)