• 本

なぜ残業を減らしたのに、会社が儲かるのか? 会社と社員を継続的に成長させる「労働時間マネジメント」のすすめ

出版社名 クロスメディア・パブリッシング
出版年月 2018年10月
ISBNコード 978-4-295-40234-3
4-295-40234-6
税込価格 1,598円
頁数・縦 191P 19cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

労働時間を公開できない会社はブラック企業だ!「自律型社員」を育てる、管理者のマネジメントスキルの向上、優秀な人材が集まる。「労働時間MBO制度」初の解説書!「やっていい残業、やってはいけない残業」の見極め方もわかります!

目次

第1章 「働き方改革」によって大きく変わる労働時間管理
第2章 労働時間管理に関する“よくある勘違い”
第3章 労働時間を改善するための“3つのステージ”
第4章 労働時間MBO制度で社員と会社を成長させる方法
第5章 労働時間MBO制度を導入する9つのステップ
第6章 助成金と認証制度を活用して労働時間を改善する

著者紹介

萩原 京二 (ハギワラ キョウジ)  
労働時間MBOコンサルタント協会代表。株式会社全就連代表取締役。社会保険労務士法人全就連代表社員。1998年社会保険労務士として開業。社員数300〜1000人規模の中堅企業のコンサルティングを専門とする。2017年より「労働時間の改善」に関する研究を開始し、「労働時間MBO制度」「労働時間マネジメント評価制度」など独自のコンサルティング手法を考案。「労働時間MBOコンサルタント養成講座」を開催して、そのノウハウを全国の社会保険労務士に提供している。2018年、「労働時間MBOコンサルタント協会」を設立して代表に就任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)