• 本

VS.フェルメール 美の対決フェルメールと西洋美術の巨匠たち

出版社名 八坂書房
出版年月 2018年9月
ISBNコード 978-4-89694-253-8
4-89694-253-1
税込価格 2,640円
頁数・縦 173P 26cm

商品内容

要旨

描くテーマの理解から、モティーフの扱い方、画法、フェルメールに特徴的な表現まで、多岐にわたるポイントにフォーカスし、国や時代を越えた作品との対比によって、フェルメール作品を多層的に味わい尽くす!フェルメールを通して新たな絵画鑑賞の愉しみを発見し、西洋美術に対する一歩進んだ関心へとつなげるに格好の書。17世紀オランダ絵画総論、フェルメールの生涯&全作品解説、対戦相手の画家紹介、さらに理解を深めるために気鋭の研究者による論考、文献案内などを付す。

目次

三つの視点―フェルメールとその時代のオランダ美術を読み解くために
対決編(テーマの理解
モティーフの描き方と解釈
表象のための方法
特徴的な表現)
フェルメールと対決相手の基本情報(フェルメールの生涯
フェルメール関連略年表
フェルメール全作品解説(&索引)
対決相手の生涯(&索引))
フェルメール以前、そして以後を知るために(初期ネーデルラント絵画の伝統とフェルメール“窓辺で手紙を読む女”―本を読む聖女から手紙を読む女性へ
フェルメールと風俗画―美術マーケット・幾何学的透視法との対話
ポスト・フェルメールの時代を生きる画家たち―18世紀初頭のオランダ風俗画の魅力をめぐって
17世紀パリの「風俗画」事情―ル・ナン兄弟の農民風俗画)

著者紹介

小林 頼子 (コバヤシ ヨリコ)  
慶應義塾大学文学研究科博士課程修了。現在、目白大学社会学部教授。専門は17世紀オランダ絵画史、日蘭美術交流。著書:『フェルメール論』八坂書房、1998(増補新装版2008)『フェルメールの世界』NHK出版協会、1999(以上2著で第10回吉田秀和賞受賞)ほか。デジタルコンテンツ監修:(株)凸版印刷文化事業部制作『ViewPaint』、2011(2011年アジアデジタルアート大賞エンターテインメント(産業応用)部門優秀賞)
今井 澄子 (イマイ スミコ)  
慶應義塾大学大学院後期博士課程修了。博士(美学)。現在、大阪大谷大学文学部准教授。専門は初期ネーデルラント美術史
望月 典子 (モチズキ ノリコ)  
慶應義塾大学大学院後期博士課程修了。博士(美学)。現在、慶應義塾大学文学部教授。専門は17世紀フランス美術史。著書:『ニコラ・プッサン:絵画的比喩を読む』慶應義塾大学出版会、2010(第16回地中海学会ヘレンド賞)ほか
青野 純子 (アオノ ジュンコ)  
慶應義塾大学大学院修士課程修了、東北大学大学院博士課程満期修了、アムステルダム大学大学院博士号取得。現在、九州大学基幹教育院准教授。専門は17‐18世紀オランダ美術史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)