• 本

若者よ、マルクスを読もう 3

アメリカとマルクス−生誕200年に

出版社名 かもがわ出版
出版年月 2018年9月
ISBNコード 978-4-7803-0984-3
4-7803-0984-0
税込価格 1,980円
頁数・縦 286P 19cm
シリーズ名 若者よ、マルクスを読もう

商品内容

要旨

マルクスの見方、読み方が変わる!

目次

第1部 往復書簡『フランスにおける(の)内乱』(石川康宏から内田樹へ(2017年12月30日)
内田樹から石川康宏へ(2018年3月30日))
第2部 報告と批評 アメリカとマルクス(報告 アメリカとマルクス・マルクス主義―受容と凋落(内田樹)
批評 現代アメリカ型「マルクス主義」への道(石川康宏))
第3部 報告と批評 生誕二〇〇年のマルクス(報告 マルクスとは何者であり続けてきたか(石川康宏)
批評 現実から生まれた理論、外部から来た理論(内田樹))
第4部 新華社への回答『若マル』の著者が語る生誕二〇〇年のマルクス(マルクスを読むことにはどういう意味があるのか(内田樹)
資本主義の改革と本当の社会主義のために(石川康宏))

おすすめコメント

大好評シリーズの3冊目。アメリカの新聞の常連執筆者となり、亡命した同志ともどもリンカーンを支えたマルクスの姿が明らかになる。

著者紹介

内田 樹 (ウチダ タツル)  
1950年生まれ。東京大学文学部仏文科卒業、東京都立大学大学院博士課程中退。現在、神戸女学院大学名誉教授。専門はフランス現代思想、映画論、武道論。主な著書に、『私家版 ユダヤ文化論』(第6回小林秀雄賞)、『日本辺境論』(2010年新書大賞、第3回伊丹十三賞)など
石川 康宏 (イシカワ ヤスヒロ)  
1957年生まれ。京都大学大学院経済学研究科後期博士課程単位取得退学。現在、神戸女学院大学教授。専門は経済学、経済理論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)