• 本

大化改新を考える

岩波新書 新赤版 1743

出版社名 岩波書店
出版年月 2018年10月
ISBNコード 978-4-00-431743-2
4-00-431743-6
税込価格 907円
頁数・縦 240,4P 18cm

商品内容

要旨

六四五年、蘇我入鹿暗殺。このクーデターを契機とし、激動の東アジア情勢を背景に「大化改新」が始まる。新たな中央集権国家形成を目指した改革が実行されてゆくなかで、具体的に社会はどう変わったのか。例えばそのヒントは『日本書紀』の「雨乞い」記事にある―。文献の徹底した解読と考古資料の検討を通じ実態に迫る。

目次

プロローグ―神々の大化改新
1 『日本書紀』が描く「大化改新」とは(東アジアの政変―隋・唐の建国と乙巳の変
孝徳天皇の即位と「改革の使者」
「改新詔」を復元する ほか)
2 「諸国」を統べる新政権―京・畿内と「評制」(難波遷都と京・畿内・国
新たな地域支配―国造支配から立評へ
地域の拠点と開発 ほか)
3 社会習俗の「文明開化」(「愚俗の改廃」と婚姻習俗
祓除の禁止と薄葬令
宮廷儀礼と歌木簡 ほか)
エピローグ―大化改新後と民衆

おすすめコメント

社会や民衆にとっては果たしてどのような〈改新〉だったのか? 徹底した史料解読から実態に迫る。

著者紹介

吉村 武彦 (ヨシムラ タケヒコ)  
1945年朝鮮大邱生まれ。京都・大阪育ち。1968年東京大学文学部国史学科卒業、同大大学院国史学専修中退。現在、明治大学名誉教授。専攻、日本古代史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)