• 本

移民国家アメリカの歴史

岩波新書 新赤版 1744

出版社名 岩波書店
出版年月 2018年10月
ISBNコード 978-4-00-431744-9
4-00-431744-4
税込価格 924円
頁数・縦 235,7P 18cm

商品内容

要旨

アメリカ合衆国は「移民の国」―誰もが口にするこの国のかたちは、どう形成され、いかに変貌してきたのか。移民を近代のグローバル・ヒストリーのなかに位置づけるとともに、日本や中国などアジア系移民の歴史経験に着目して、アメリカ史をとらえなおす。揺れ動く“いま”を考えるためにも求められる、歴史的視座。

目次

序章 「移民国家」アメリカの二つの顔
第1章 アメリカはいつ「移民国家」となったのか?
第2章 中国人移民と南北戦争・再建期
第3章 「国民」を管理する
第4章 日本人移民と二つの世界大戦
第5章 アジア系アメリカ人の戦後
終章 アジア系移民の歴史経験を語り継ぐ

おすすめコメント

近代世界のグローバルな人流や、日本・中国などアジア系移民の歴史経験に着目し、「移民の国」のかたちを問い直す。

著者紹介

貴堂 嘉之 (キドウ ヨシユキ)  
1966年、東京生まれ。1994年、東京大学大学院総合文化研究科博士課程中退。現在、一橋大学大学院社会学研究科教授。専攻:アメリカ合衆国史、人種・エスニシティ・ジェンダー研究、移民研究(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)