• 本

ジャイロモノレール

幻冬舎新書 も−7−4

出版社名 幻冬舎
出版年月 2018年9月
ISBNコード 978-4-344-98520-9
4-344-98520-6
税込価格 858円
頁数・縦 202P 18cm

商品内容

要旨

ジャイロとはフレームの中で高速回転する重量物を持つ装置(地球独楽を思い浮かべてほしい)。モノレールとはレール1本の鉄道。ジャイロモノレールは「力を受けたときに回転方向に90度ずれた位置で変位する」というジャイロ効果を姿勢制御に利用した鉄道車両で、100年以上まえに開発・実用化されたが、その技術は長く忘れ去られ再現不可能とされていた。著者は実験と試作機の製作を繰り返し、ついにこれを完成させる。工学の考古学というべき手順で幻の機械技術を完全復元した、世界初のジャイロモノレールの概説書。

目次

第1章 ジャイロとは?(ジャイロとは独楽のこと
ジャイロスコープとは? ほか)
第2章 ジャイロモノレールの理論(ジャイロモノレールを目指したおもちゃ
ジャイロモノレールと3つの回転軸 ほか)
第3章 ジャイロモノレールの実験および試作機(Brennanが作った模型
Scherlの小型ジャイロモノレール ほか)
第4章 他者の研究と今後の展望(ジャイロモノレールの成功例
100年まえの夢はどうなったか ほか)
第5章 個人研究の楽しさ(「趣味」とは何か?
「趣味」が人間の価値を作る ほか)

おすすめコメント

ジャイロとはフレームの中で高速回転する重量物を持つ装置(地球独楽を思い浮かべてほしい)。モノレールとはレール1本の鉄道。ジャイロモノレールは「力を受けたときに回転方向に90度ずれた位置で変位する」というジャイロ効果を姿勢制御に利用した鉄道車両で、100年以上まえに開発・実用化されたが、その技術は長く忘れ去られ再現不可能とされていた。著者は実験と試作機の製作を繰り返し、ついにこれを完成させる。工学の考古学というべき手順で幻の機械技術を完全復元した、世界初のジャイロモノレールの概説書。

著者紹介

森 博嗣 (モリ ヒロシ)  
1957年、愛知県生まれ。作家、工学博士。国立N大学工学部建築学科で研究する傍ら96年に『すべてがFになる』で第一回メフィスト賞を受賞し、作家デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)