• 本

ああ、愛しき古生物たち 無念にも滅びてしまった彼ら おしい!ざんねん!!会いたかった!!!

出版社名 笠倉出版社
出版年月 2018年10月
ISBNコード 978-4-7730-8923-3
4-7730-8923-7
税込価格 972円
頁数・縦 160P 21cm

商品内容

要旨

ワクワクするような古生物だらけ!あなたの“推しメン”を探せ!!

目次

第1章 会いたかった!愛すべき恐竜たちの素顔(ティラノサウルス
パタゴティタン
アパトサウルス ほか)
第2章 どうしてそうなった!?「へんて古生物」たちの正体(アノマロカリス
シンダーハンネス
テラタスピス ほか)
第3章 思わず拍手!一芸に秀でた古生物たちの不思議(エーギロカシス
ゴティカリス
マルレラ ほか)

おすすめコメント

映画や書籍、漫画など、いま、話題沸騰中の古生物。 本書では、ティラノサウルスをはじめとするメジャーな「恐竜」たちはもちろん、どこが正面なのかもわからないような「謎の生物」たちや、その造形にかわいらしさすら感じる「奇妙な生物」たちまで、古今東西、ありとあらゆる古生物の中から選抜した120種類の生物たちを紹介しています。 我々人類が生まれる前の時代を懸命に生き、そして、おしくも絶滅してしまった彼らに、「ぜひ一度は会ってみたかった! 」との思いを馳せながらご紹介します。 解説はサイエンスライターの土屋健氏、監修は古生物学者の芝原暁彦氏、古生物を専門にもしているイラストレーターACTOWの最強タッグで、最新研究を盛り込んだ、いまいちばん“新しいW古生物情報をお届けします。 ぜひ、あなたの「推し古生物」を見つけてみてください!  あぁ、愛おしくって仕方ない!!  (内容例) ・ティラノサウルス→モフモフか否か、それが問題だ!  ・ハルキゲニア→その姿が二転三転! どっちが頭でどっちが尻尾? ・アノマロカリス→史上最初の覇者の弱点とは? ・ニッポニテス→クトゥルフ神話の生物か! ついだあだ名は北の異常巻き=@・デスモスチルス→日本を代表する古生物の謎すぎる歯 ・ツリモンストラム→ゲームに出てくるモンスター? 結局あなたは何なんだ!  ・マルレラ→宇宙から飛来!? 虹色のツノをもつ生物 ・オドントグリフス→謎の生物の正体は一反木綿ではなかった!? ・オルニトミムス→求愛のために翼を獲得!? そして愛の浪漫飛行へ…… ・リヴァイアサン→伝説の怪物の名を持つ古生物界のプレデター!  ・パラスピリファー→どんだけ横着か! 口を開くだけの無気力生活 ・デイノケイルス→異例尽くしの変な生き物! キメラと呼ばれる恐竜 ・テリジノサウルス→ネイルに注目! 古生物界でもっとも長い爪!! (内容は変わる可能性があります)

著者紹介

土屋 健 (ツチヤ ケン)  
サイエンスライター/オフィスジオパレオント代表。埼玉県生まれ。金沢大学大学院自然科学研究科で修士号を取得(専門は地質学、古生物学)。その後、科学雑誌『Newton』の編集記者、部長代理を経て独立、現職
芝原 暁彦 (シバハラ アキヒコ)  
古生物学者/理学博士。福井県生まれ。筑波大学大学院で博士号を取得(専門は微化石学、古環境学)。その後、つくば市の産業技術総合研究所(産総研)で化石標本の3D計測やVR展示などの研究開発を行なった。2016年に産総研発ベンチャー「地球科学可視化技術研究所」を設立し所長に就任。また東京地学協会、日本地図学会の各委員を務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)