• 本

基礎分子遺伝学・ゲノム科学

出版社名 裳華房
出版年月 2018年9月
ISBNコード 978-4-7853-5237-0
4-7853-5237-X
税込価格 3,080円
頁数・縦 225P 26cm

商品内容

要旨

第1部基礎編と第2部応用編を、密な相互参照で結びつける―前半と後半で関連する箇所を相互に結びやすいよう、多数の参照をカッコで示しました。多数の「側注」で、術語の意味・由来・変遷などを解説する―学術用語を「側注」の形にまとめ、本文の流れはスムースに保ちました。多彩な図表とイラストで、視覚的な理解を助ける―多彩でしかも統一のとれた図表と、感覚的になじみやすいイラストや写真を多用しました。

目次

第1部 基礎編―分子遺伝学のセントラルドグマ(遺伝学の基礎概念―トンビはタカを生まない
核酸の構造とゲノムの構成―静と動のヤヌス神
複製:DNAの生合成―生命40億年の連なり
損傷の修復と変異―過ちを改める勇気
転写:RNAの生合成―格納庫から路上ライブへ ほか)
第2部 応用編―ヒトゲノム科学への展開(発現調節(ヒトなど動物への拡張)―複雑系の重層的秩序
発生とエピジェネティクス―メッセージが作る身体
RNAの多様な働き―小粒だがピリリと辛い
動く遺伝因子とウイルス―越境するさすらいの吟遊詩人
ヒトゲノムの全体像―ジャンクな余裕が未来を拓く ほか)

著者紹介

坂本 順司 (サカモト ジュンシ)  
1979年大阪大学理学部生物学科卒業。1984年大阪大学大学院理学研究科博士後期課程修了(理学博士)。1985年東海大学医学部薬理学教室助手。1989年米国アイオワ大学医学部生理学生物物理学教室研究員。1992年九州工業大学情報工学部生物化学システム工学科助教授。2006年九州工業大学情報工学部生命情報工学科教授。2008年九州工業大学大学院情報工学研究院生命情報工学研究系教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)