• 本

ESG投資時代の持続可能な調達 市場価値はサプライヤーとの付き合い方で決まる

出版社名 日経BP社
出版年月 2018年10月
ISBNコード 978-4-8222-9263-8
4-8222-9263-0
税込価格 2,750円
頁数・縦 240P 21cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

「社外の問題」ではもう済まされない。ディズニー、アップル、ユニクロはどう動いたのか。市場価値はサプライヤーとの付き合い方で決まる。

目次

第1章 なぜ今、持続可能な調達なのか―社外の問題で済まされない。東京五輪で浮かぶ人権リスク
第2章 企業を取り巻く包囲網―NGO、投資家、顧客が要請。中小企業にも影響大きく
第3章 持続可能な調達に必要な要素とは―ISO20400「持続可能な調達」とOECD「デュー・ディリジェンス・ガイダンス」
第4章 サプライヤーの管理:良きサプライヤーを見極める―調達基準を明確化。取り組みを評価し、ともに改善
第5章 持続可能な原材料調達:信頼できるモノを選ぶ―ターゲットは農林水産物と鉱物。原産地と流通過程を押さえる
第6章 欧米日の先進企業に学ぶ―ディズニー、アップル、ユニクロ。8大グローバル企業の挑戦
第7章 東京五輪から変わる―公共調達から全国へ拡大。そしてレガシーへ

おすすめコメント

環境や社会に配慮した「持続可能な調達」が成長の必須要件になってきた。国際基準や規制動向を交え、今からやるべきことを解説する。

著者紹介

冨田 秀実 (トミタ ヒデミ)  
東京大学工学部物理工学科卒業。プリンストン大学工学部化学工学修士修了。ソニー(株)にて2003年のCSR部発足当初から統括部長を約10年務める。2013年ロイドレジスタークオリティアシュアランス入社後、2016年よりロイドレジスタージャパン(株)取締役。東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会持続可能な調達WG委員など、政府の委員会、ISO26000、ISO20400など国際規格の策定など多数に参画(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)