• 本

琉球奪われた骨 遺骨に刻まれた植民地主義

出版社名 岩波書店
出版年月 2018年10月
ISBNコード 978-4-00-025579-0
4-00-025579-7
税込価格 2,860円
頁数・縦 264,16P 20cm

商品内容

要旨

一九二〇年代、京都帝国大学助教授の金関丈夫が琉球人遺骨を盗掘し、現在も、京都大学に二六体分、台湾大学に六三体分の遺骨が保管されている。本書は、帝国日本に奪われた琉球人遺骨の苦難をたどることで、日本の大学や博物館の「学知による植民地主義」を歴史的に検証し、現在も再生産される差別と偏見、支配と暴力の構造を明らかにする。そして、アイヌ、台湾原住民族ほか、世界の先住民族の場合とも比較しながら、民族の自己決定権行使としての遺骨返還運動の意義を論じる。

目次

序章 帝国日本の骨―琉球、台湾、アイヌコタン
第1章 盗掘された琉球人遺骨―京都帝国大学の「犯罪」
第2章 学知の植民地主義―琉球人遺骨と大学・博物館の問題
第3章 アメリカと大英帝国旧植民地から―世界の先住民族による遺骨返還運動
第4章 アイヌの骨―学問の暴力への抵抗
第5章 自己決定権としての遺骨返還
終章 生死を超えた植民地支配

おすすめコメント

盗掘された琉球人遺骨が、現在も京都大学他に保管されている。「学知の植民地主義」と差別の淵源を検証。

著者紹介

松島 泰勝 (マツシマ ヤスカツ)  
1963年、石垣島生まれ。龍谷大学経済学部国際経済学科教授。専門は地域経済論、経済史、経済政策。博士(経済学、早稲田大学)。南大東島、与那国島、沖縄島那覇で育つ。那覇高校卒業後、早稲田大学政治経済学部経済学科卒業。早稲田大学大学院経済学研究科博士課程履修単位取得。在ハガッニャ(グアム)日本国総領事館、在パラオ日本国大使館の専門調査員等を経て現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)