• 本

DVはなおる 続

被害・加害当事者が語る「傷づけない支援」

出版社名 ジャパンマシニスト社
出版年月 2018年9月
ISBNコード 978-4-88049-331-2
4-88049-331-7
税込価格 2,160円
頁数・縦 254P 19cm

商品内容

要旨

「回復」への希望。DV・モラハラetc…家族問題の支援を行う日本家族再生センターの15年と20人の当事者の物語。

目次

はじめに―日本家族再生センター15周年の節目に
1章 DV・家族問題―日本家族再生センターの支援とは(DVとは何か?―その背景にあること
DVは「なおる」!?―適切な援助による「回復」のステップアップ
日本家族再生センターの複合的支援 ほか)
2章 「回復」と「再生」の物語―被害・加害当事者より(体験漫画 本当の「幸せ」を見つけるために―作・画 もりこ
体験談1 「わかり合えないパートナーとの暮らし」から学んだこと―19 男性
体験談2 夫が逮捕されたあの日から―S子 女性 ほか)
3章 当事者にやさしくない女性支援―メンズカウンセリング講座の語りから(「傷つけない支援」を学ぶ)

著者紹介

味沢 道明 (アジサワ ミチアキ)  
1954年広島県生まれ。日本家族再生センター所長、メンズカウンセリング協会理事、メンズサポートルーム京都代表。サラリーマン生活を10年でギブアップし、料理教室のかたわら、日本の男性運動をリード。男の悩みから、加害者の脱暴力支援を開始。現在は加害・被害、性別、年齢に関わらず、DVやモラハラをはじめ、家族問題の当事者のためのサポートを提供
中村 カズノリ (ナカムラ カズノリ)  
1980年生まれ。Web系開発エンジニアの傍ら、メンズカウンセリングを学び、カウンセリング業務を開始。当事者(モラハラの加害者)として得た経験をもとに、加害者にも被害者にも支援を行う。DVやモラハラの他、ブラック会社や人間関係等の相談も請け負う(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)