• 本

三つの物語

光文社古典新訳文庫 KAフ10−3

出版社名 光文社
出版年月 2018年10月
ISBNコード 978-4-334-75385-6
4-334-75385-X
税込価格 990円
頁数・縦 285P 16cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

無学な召使いの人生を、寄り添うように描いた「素朴なひと」、城主の息子で、血に飢えた狩りの名手ジュリアンの数奇な運命を綴った「聖ジュリアン伝」、サロメの伝説を下敷きに、ユダヤの王宮で繰り広げられる騒動を描く「ヘロディアス」。透徹した文体からイメージが湧き立つような短篇集。

おすすめコメント

「素朴なひと」「聖ジュリアン伝」「へロディアス」の三篇からなる連作中篇集。フローベール晩年の傑作。

著者紹介

フローベール,ギュスターヴ (フローベール,ギュスターヴ)   Flaubert,Gustave
1821‐1880。フランスの小説家。ルーアンで外科医の息子として生まれる。大学でははじめ法律を学ぶが性に合わず、創作活動に向かう。1857年、4年半をかけて書き上げた処女作『ボヴァリー夫人』が、訴訟事件が起きたという宣伝効果もあってか大ベストセラーになり、作家としての地位を確立した。1880年、自宅で死去
谷口 亜沙子 (タニグチ アサコ)  
1977年生まれ。早稲田大学文学学術院博士課程フランス文学専攻単位取得退学。パリ第7大学文学博士。博士論文の主題はミシェル・レリス。現在、明治大学文学部仏文科准教授。専門は「詩(ポエジー)」を中心とした近現代のフランス文学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)