• 本

不利益分配の政治学 地方自治体における政策廃止

出版社名 有斐閣
出版年月 2018年9月
ISBNコード 978-4-641-14926-7
4-641-14926-7
税込価格 4,180円
頁数・縦 263P 22cm

商品内容

要旨

第二次世界大戦後の日本政治は、地方に公共事業や補助金の分配を行うなど、もっぱら利益を分配してきた。こうした利益を分配するという政策は、財政赤字を生み出し、その深刻さは年々増している。それに加え、人口減少、少子高齢化も進展しており、こうしたことを背景に、近年、政策廃止という不利益の分配がなされ始めている。本書は、これまで起こりにくいとされてきた政策の廃止が、いかなる過程を経て実現したのかを明らかにするとともに、廃止という政策的帰結を左右する要因についても考察する。

目次

第1章 理論的枠組み(政策廃止の定義
政策廃止研究の課題 ほか)
第2章 土地開発公社(土地開発公社の概要
外部環境の変動―地価下落と有権者の行政改革志向 ほか)
第3章 自治体病院事業(自治体病院事業の概要
外部環境の変動―自治体病院の経営悪化 ほか)
第4章 ダム事業(ダム事業の概要
外部環境の変動―水需要の減少、有権者の態度変化、国の補助中止 ほか)
終章 不利益の分配過程(政策廃止の過程
本書の貢献と課題 ほか)

著者紹介

柳 至 (ヤナギ イタル)  
1983年、山口県に生まれる。2007年、東京大学法学部卒業。2012年、筑波大学大学院人文社会科学研究科修了、筑波大学人文社会系特任研究員等を経て、琉球大学人文社会学部准教授。博士(政治学)。専攻は、行政学・地方自治論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)