• 本

出会って別れて、なぜ悪い?

出版社名 朝日新聞出版
出版年月 2018年10月
ISBNコード 978-4-02-251572-8
4-02-251572-4
税込価格 1,296円
頁数・縦 165P 19cm

商品内容

要旨

宮藤官九郎、阿部サダヲ、皆川猿時、荒川良々、平岩紙、星野源etc.を育てつつ、35歳で結婚、45歳で離婚、51歳で再婚(妻は20歳年下)。恋愛も結婚も知りつくす松尾スズキ(55歳)が一般人の「恋だの愛だの」の悩みに答えまくる“恋に効く”人生相談本。

目次

第1章 「つくづく女はクイズなのである」松尾スズキ的“恋に効く”問答(女性篇)
第2章 「男は少し秘密があるくらいがモテる」松尾スズキ的“恋に効く”問答(男性篇)

おすすめコメント

著者のメールマガジンで連載している人気の人生相談を再構成し「恋愛篇」と「人生篇」と2冊に分けて書籍化。こちらは「恋愛篇」。離婚、出戻り独身生活を経て再婚、酸いも甘いも噛み分けた松尾スズキの至言にあふれる一冊。

著者紹介

松尾 スズキ (マツオ スズキ)  
1962年福岡県生まれ。作家、演出家、俳優、脚本家、映画監督。88年に「大人計画」を旗揚げし、97年『ファンキー!―宇宙は見える所までしかない』で第41回岸田國士戯曲賞を、2001年にミュージカル『キレイ―神様と待ち合わせした女』で第38回ゴールデンアロー賞・演劇賞を受賞。08年には、映画『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』で第31回日本アカデミー賞最優秀脚本賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)